なかののきらめき

だいぶ寒くなってきましたね。

りんごの季節も終盤となり、今出回っているのはサンふじが主流です。

りんご大国長野県には本当にたくさんの品種のリンゴがあるのですが、

2018年に品種登録されたばかりの新しい品種のリンゴをご紹介しますね。

『なかののきらめき』

ご存知ですか?このりんご、外見は黄色いりんごなんですが、

皮をむいてびっくり、中は赤いんです!!!

赤というよりピンクに近い…かな??

味はというと、黄色い皮のりんご「王林」と赤い皮で果肉の赤い「いろどり」を掛け合わせた品種なだけあって

とても香りがよく、酸味もありますが甘みも強く、歯ざわりもしっかりしていて大変美味しいりんごです。

酸味もあるので、お菓子作り等にも合いそうです。

加熱調理しても煮崩れしにくいので、シロップ煮やコンポートにも良さそうです。

果肉が赤いりんご、これからのクリスマスシーズンにも食卓を彩って活躍してくれそうですね。

 

最初にもお伝えしましたが、2018年に登録された品種ですので、まだ長野県中野市でしか栽培されておりません。

まだまだ出荷量も少ないので、スーパーなどではなかなかお目にかかることが少ないかもしれません。

農家直売どっとこむでは、この『なかののきらめき』を取り扱っております!

是非一度、ご堪能下さい!

なかののきらめきはこちらから⇒

農家直売どっとこむはこちらからどうぞ⇒

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし
月を選択してください