品質管理へのこだわり

長野大同青果の品質管理

品質管理へのこだわり

お客様が求めるクオリティを的確にとらえ、ご満足いただける品質・状態・ロットの野菜・果物をお届けするため、アナログ・デジタルを融合した確かな品質管理体制を確立しています。

「目利き」による厳しい選択

「競り」での確かな商品選定や値付けに加え、お客様やユーザーが期待するクオリティの商品を瞬時に見きわめるプロの目は、ベテランから若手へ着実に受け継がれています。「目利き」が自信をもって選んだ確かな商品だけを供給しています。

温度・湿度管理

取扱いや保管に繊細さが要求される野菜・果物。最良の状態で店頭に並ぶよう、温度帯の異なる保冷施設や、エイジングを抑制するスマートフレッシュ機能をもつ冷蔵施設を完備。また、追熟する果実も食べ頃に合わせて出荷調整。タイミングを重視するお客様の期待を裏切りません。

厳密な試験・選果・分荷

厳密な試験・選果・分荷

仕入れた青果はすべて厳密な着荷試験を経たうえで分荷します。また須坂フルーツセンターには選果機を導入。集荷する果実のサイズなどを計測し、その場で分別。生産者の労力を軽減するとともに、お客様が求める規格とクオリティを提供します。

法令遵守、保険対応

法令遵守、保険対応

食品衛生に関する法令はもちろん、加工事業、輸送事業、倉庫事業に対応する法令を遵守し、安全・安心な青果の供給に努めています。また不慮の事態が起きた際、お客様やその先の消費者の方々にご迷惑をかけないよう、保険加入にも万全を期しています。
またJGAP(安心・安全・持続可能な農業をおこなう農場の認証制度)取得の生産者からの納入を優先し、良質な青果の流通に努めています。

クオリティプラスα

加工、パッキング、梱包など、お客様のご相談にきめ細かく対応する機能・体制を整えています。店頭スタッフの労力軽減や効率化の取り組み、キャンペーンやギフト商品の開発など、どんなことでもまずはご相談ください。

お客様の信頼にお応えする業務オペレーション改革

お客様のご信頼に応え、より質の高いサービスをご提供するため、業務オペレーションの改革・進化を進めています。
営業担当がお客様と一体となって青果の販売促進をもり立ててゆくための業務フロー再編、出荷過程で注意すべき点に集中するためのプロセス再構築、本社機能の効率化、デジタル化、さらには執務空間の整理・美化などを推進。ストレスなくお取引いただける環境づくりに努めています。

品質管理へのこだわり